×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過去ログ
                                       2008年3月13日(木) 
 

教育は塾生に教えられる!!

やっと!!今年も大学入試勝利宣言を出せました。恒例ですが、受験者全員が、高倍率の中、合格してくれました。これで2007年度は仕上がりました!一般入試では到底合格できないレベルの高い大学に入学を果たし、本当に塾生は無限の可能性を持った煌く天使さんです。私たち大人は可能性をひとつ、またひとつと捨てながら歳を重ねます。それが歳をとるという意味でしょうか。塾生の人生の難関イベントに参加できる喜びに浸れるのも、卒業生の頑張りが有っての事と感謝しています。教師冥利に尽きます。 

労働分配率が9年連続下降(給料が下がり続けている)、企業防衛、国際会計基準などの理由により、逆に株主配当率は上昇を続けています。これは、とりもなおさず、従業員を大切にした「企業は人なり」の松下電器創始者幸之助氏が唱えた日本的家族雇用体系の企業理念が滅んだことを意味します。預かっている塾生たちがどの様にして人生を送っていくのか?何を糧にして生きていくのかを考えると、スキルの持った高学歴の安全性を求めてしまいます。県商で就学しているのは絶好のチャンスです!!ハローワークで求人の無い職種に就いて欲しいものです。弁護士や会計士、税理士はハローワークには求人はありません!ハローワークはあくまでも一般労働者対象です。世間では商業高校卒業では・・しんどいです。このご時勢です。いつリストラに遭うか・・社会保障制度の崩壊も追い討ちをかけます。県商はあくまでも手段で、先輩たちのように目標は高く持ってください。どこまでも応援します!! 

全てを失った5年前の大手術、13年前の震災と言い、どん底の中から人生訓を得て、ますます塾生との交流に情熱を燃やす自分が自然体で、まさに天職を得ていると再認識しています。でも、一時も立ち止まれません!半年後には新高Vの推薦国立大入試が始まります。
気分を切り替えて、さぁーさぁー春です!!
新しい船出を迎えます。父親の感情と愛情を武器に、
塾生に若者の可能性を教えられながら、
今年度も結果を残せるように、
日々、吼えながら教鞭をとって行きます。